Canon

作品詳細

蟹尽し図かにづくしず

葛飾北斎

  • 「蟹尽し図」 葛飾北斎

Facsimiles of works in the collection of the Freer Gallery of Art, Smithsonian Institution, Washington, D.C. : Gift of Charles Lang Freer, F1902.254.

綴プロジェクトにより制作された高精細複製品の画像を使用しております。これら画像の無断複写・複製・転載を禁じます。

作品データ
作者:
葛飾北斎(かつしかほくさい)筆
時代:
江戸時代 19世紀
材質:
絹本に印刷
員数:
一幅
テーマ:
海外に渡った日本の文化財
寸法:
縦47.7 × 横59.7 cm
寄贈先:
墨田区地図
原本
所蔵:
フリーア美術館
材質:
絹本着色
解説

「北斎改為一(いいつ)」の落款から北斎60歳代の作と考えられる。大小さまざまな種類の蟹が描かれ、その数は百匹を超える。古来より群れを成す蟹は吉兆の印とされた事から、本作もめでたい席などで飾られたのだろう。それぞれの蟹は丁寧に描き込まれ、北斎の鋭い観察眼を見て取る事ができる。本作は明治33(1900)年に東京、上野公園で開催された展示会で展覧されたという。当時、この作品は東洋美術史家のアーネスト・フェノロサの所有だったが、2年後の1902年にフリーアが買い取った。

作品紹介一覧へ