Canon

作品詳細

檜図屏風ひのきずびょうぶ

狩野永徳

  • 「檜図屏風」狩野永徳
  • 「檜図屏風」狩野永徳

ぶんかつ共同研究プロジェクトで制作された高精細複製品の画像を使用しております。これら画像の無断複写・複製・転載を禁じます。

作品データ
作者:
狩野永徳(かのうえいとく)
時代:
安土桃山時代 16世紀
材質:
和紙に印刷・金箔貼付
員数:
四曲一双
寸法:
各隻 縦170.0 × 横230.4 cm
原本
所蔵:
東京国立博物館
材質:
紙本金地着色
解説

豪壮な武家文化が花開いた安土桃山時代を代表する、華やかで力強い作品です。金箔を貼った大地と雲を背景に、巨大な檜が幹をうねらせ、大枝を広げています。まるで蛇がのた打ち回っているような、生命力にあふれる表現に圧倒されます。描かれているモチーフは檜と岩、群青の水面のみ。色の数も少なく整理されていることで、檜はいっそう前へ前へと、力強く迫ってくるようです。よく見ると、絵の具がはがれたあとがあり、もとは緑の葉がもっとたくさん描かれていたことがわかります。 現在は、屏風のかたちですが、もとは、京都の桂宮(もと八条宮)邸の襖絵でした。描いたのは、当時、画壇でもっとも力をもっていた狩野永徳。安土桃山時代を代表する絵師の最晩年の作品とされます。もともと4枚の襖だったこの絵は、のちに8扇の屏風に仕立てなおされましたが、近年、傷みがはげしくなったため、平成25年(2013)に大規模な修理を行いました。その際、扇と扇の間に生じていた絵柄のズレを解消するため、また、保存上の観点から、四曲一双の屏風に仕立て直され現在の姿になりました。-Colbase解説より

公開情報

公開情報一覧へ

公開期間:
5月10日(火)〜6月26日(日)
公開場所:
東京国立博物館
URL:
https://www.tnm.jp/
日本美術のとびら
住所:
〒110-8712
東京都台東区上野公園13-9

作品紹介一覧へ