ニュースリリース

2017年9月21日
キヤノン株式会社

仮想カメラによる臨場感・没入感のある映像体験を実現
自由視点映像生成システムを開発

キヤノンは、長年培ってきたイメージング技術を用いた映像ソリューションとして、自由視点映像生成システムの開発に取り組んでいます。今後、スポーツイベントなどにおける活用を想定し、付加価値の高い映像体験の提供を目指していきます。

自由視点映像生成システムのイメージ

自由視点映像生成システムのイメージ

スポーツイベントにおいては、競技の魅力や、スポーツの感動を効果的に伝えるため、さまざまな映像制作が行われています。キヤノンは、その場にいるかのような臨場感・没入感を体験できる自由視点映像生成システムを開発することで、さまざまな視点や角度からの映像体験を実現し、さらなる映像表現領域の拡大と映像文化の発展に寄与していきます。

自由視点映像生成システムの仕組み

スタジアム内を取り囲むように設置した複数の高解像度カメラをネットワークでつなぎ、ソフトウエアでコントロールしながら、同じタイミングで多方向から撮影します。撮影後、画像処理技術を用いて、撮影映像から高精細な3D空間データを構築します。その3D空間で仮想カメラを自由に動かし、さまざまな視点から好みの角度で映像を見られる自由視点映像を生成します。

フィールドに入り込んだような新たな映像体験

自由視点映像は、3D空間で仮想カメラを動かし、スタジアム内を自由に飛び回ることや、試合中のフィールドに入り込み、選手と同じ場所を疑似体感できるといった、これまでにない映像体験を実現します。競技観戦の新しい楽しみ方を広げることに加えて、チームや選手の強化などへ活用する可能性の拡大を目指していきます。

映像事例

  • Jリーグ公式戦(2016年11月3日:川崎フロンターレ対ガンバ大阪 神奈川県・等々力陸上競技場)
    YouTube: https://youtu.be/lqYNgzEqDsM

キヤノンは、今後も製品と技術を活用し、映像の新たな楽しみ方の提案を通して、スポーツや文化の振興に貢献していきます。

ご参考

自由視点映像生成システムの映像事例について、Inter BEE 2017(千葉県・幕張メッセ/2017年11月15日~17日)のキヤノンブースで紹介予定です。