シネカメラ

8mmシネカメラ

オートズーム814 スーパー8

Auto Zoom 814 Super 8

Auto Zoom 814 Super 8

  • 日本名称
  • 北米名称
  • 欧州名称 / アジア名称 / オセアニア名称
  • 概要
  • 主な仕様
  • カタログ
発売年月 1967年(昭和42年)3月
発売時価格 71,000円

スーパー8は、カートリッジ内にフィルム圧板を持ち、高級機に対応しにくく、コダック社では当初F1.4のような明るいレンズの保証をしていなかった。スーパー8で高級機を実現すべく、開発されたモデル。このカメラには、当初6倍レンズが考えられたが、F1.4の許容深度内でフィルム走行させる技術、昼間は常時CCAフィルターを入れるというタングステンフィルムが主体のスーパー8システムでのピントや発色などの課題をクリアし、高倍・大口径レンズに挑戦した。そして、世界でも類のないF1.4の8倍ズームを搭載したオートズーム814が完成した。
上面に携帯ハンドルを持ち、オール金属というメカニックなデザインは、その性能とあいまって8mmシネカメラ愛好者の好評を得た。

型式 スーパー8方式 8ミリシネカメラ
画面サイズ 4.2×5.7mm (映写画面 4×5.4mm)
使用フィルム スーパー8 カートリッジフィルム
レンズ 焦点距離 / 明るさ 7.5~60mm F1.4 (13群18枚構成/内稀元素ガラス6枚) 内径58mm 外径60mm コーティングはアンバー、マゼンタ、パープルのミックスコーティング(多層コーティング含む)
ズーム比 8倍
フォーカシング 手動(前玉回転式) 1.2m~∞
ズーミング 高性能マイクロモーターによる電動ズーミング(約6~9秒) ズーミングレバーによる手動ズーミング可能 回転角約100゜
フィルターねじ径 58mm
ファインダー 型式 一眼レフ式、逆入光防止シャッター装置付き
距離計 プリズムスクリーン距離計(マイクロプリズム)
視度調節 -3~+1ジオプター
ファインダー内情報 メーター読み取り窓(絞り数値、指針、露出警告マーク、撮影完了信号)
EE機構 方式 使用フィルムとコマスピードに連動する自動絞り機構、被写体にカメラを向けるだけでつねに適正露出が与えられる
露出計 TTL式CdSメーター
測光範囲 ISO250 F1.4 12コマ~ISO16 F22 24コマの全目盛域
フィルム感度 カートリッジによる自動セット
黒白および人工光カラー用:ISO25~250
昼光カラー用:ISO16~160
CCAフィルター 人工光用フィルムを昼光下で使用するためのカラーコンバージョンAフィルターを内蔵、デイライトカートリッジによる自動解除、外部解除可能
絞りの手動調節 EE機構を外し任意の絞りで普通撮影可能
絞り切りによるフェードインフェードアウト可能
電源 1.3V水銀電池2コ使用
バッテリーチェッカー 専用ボタン押しミニメーター表示式
フィルム駆動 方式 高性能マイクロモーターによる電動フィルミング
コマスピード 12, 18, 24コマ/秒および1コマ
電源 単3乾電池4本 グリップ内に収納 常温で約10本のフィルム使用可能
フィルムカウンター 横蓋開閉による自動復帰順算式
バッテリーチェッカー 専用ボタン押しミニメーター表示式
シャッター 開角度 155゜
各種レリーズソケット リモコン用、1コマ用、連続撮影用の3種
切り換えスイッチ 安全スイッチ兼用 ランニングロックおよびリモートコントロールの切り換え用
安全装置 EE警告 シャッターロック フィルム送り確認など撮影のミス防止用
昼光用フィルム使用時にはCCAフィルターの外部切り換え防止など
リモートコントロール リモートスイッチにより可能
グリップ 折畳み式 駆動用電池収納
大きさ(幅×高さ×奥行) 63×107×237mm
質量 1720g(本体のみ)
カタログ
カタログ