シネカメラ

8mmシネカメラ

オートズーム814 エレクトロニク

Auto Zoom 814 Electronic

Auto Zoom 814 Electronic

  • 日本名称
  • 北米名称
  • 欧州名称 / アジア名称 / オセアニア名称
  • 概要
  • 主な仕様
発売年月 1972年(昭和47年)3月
発売時価格 77,400円

キヤノン初のマグネチックレリーズ採用モデル。8mmシネカメラに電気部品が採用されたのは、電動モーターによるフィルム給送とズーミング、そしてEE機構からであるが、本格的に電子技術が採用されたのはマグネチックレリーズ機構からと考えられる。マグネチックレリーズの採用により、レリーズ関係のシステム化が計られ、カメラのスタートストップが電気パルスで制御可能となるなど、以後の8mmシネカメラの標準機能となっていった。
定評ある8倍レンズを新設計、より高コントラストなものとした。明るいファインダー、サーボEEに加え、シャッター開角機構を搭載、本格的フェーディング技法を可能とした。また、約40コマのスローモーション機能がつけられた。
グリップは折りたたみ式を採用。付属品として、インターバルタイマーが用意された。

型式 スーパー8方式 8ミリシネカメラ
画面サイズ 4.2×5.7mm (映写画面 4×5.4mm)
使用フィルム スーパー8 カートリッジフィルム
レンズ 焦点距離 / 明るさ 7.5~60mm F1.4 (13群19枚構成/内稀元素ガラス11枚) スペクトラコーティング
ズーム比 8倍
フォーカシング 手動(前玉回転式) 1.2m~∞
マクロ撮影機構 ズーミングリング切り換えによる近接撮影機構 距離目盛を∞にセットしたとき、フィルム位置マークから被写体距離16.5cmまで近接可能 画界33×45mm
ズーミング 電動ズーム(約7~8秒)およびズーミングリングによる手動 回転角約120゜
フィルターねじ径 58mm
ファインダー 型式 一眼レフ式
距離計 プリズムスクリーン距離計(マイクロプリズム)
視度調節 -3~+2ジオプター
ファインダー内情報 絞り数値、メーター指針、高低輝度警告マーク、フィルム完了予告
EE機構 方式 CdS使用TTL測光方式のサーボEE、使用フィルムとコマスピードに連動する自動絞り機構
測光範囲 ISO400 F1.4 18コマ シャッター開OPEN~ISO16 F32 スローモーション 開角4
フィルム感度 カートリッジによる自動セット
人工光用 : ISO25 40 64 100 160 250 400
昼光用  : ISO16 25 40 64 100 160 250
CCAフィルター 人工光用フィルムを昼光下で使用するためのカラーコンバージョンA(CCA)フィルターを内蔵、デイライトカートリッジ(昼光用)による自動解除、外部からCCAフィルター切り換えアダプターまたはライティングユニットの取り付けにより解除可能
絞りの手動調節 EE-手動切り換えリングにより任意の絞りで撮影可能
フィルム駆動 方式 高性能マイクロモーターによる電動フィルム給送
コマスピード 18、24コマ/秒および1コマ インスタントスローモーション(約40コマ/秒)
電源 単3乾電池 4本使用、グリップ内に収納、駆動および測光兼用
撮影本数 常温で約10本 (1コマ撮影は約1本)
フィルムカウンター カートリッジ着脱に連動する自動復帰順算式
フレームカウンター 1回転72コマ(1ft)1目盛2コマ調節可能指標付き
バッテリーチェッカー 専用ボタン押しミニメーター表示式
シャッター 開角度 150゜~0゜ 連続可変 全閉によるフェード撮影可能
ソケット リモコン用、フラッシュ1コマ同調接点
切替スイッチ 安全スイッチおよびランニングロックの切り換え用
フィルム完了予告シグナル フィルム完了2ft前に橙色ランプで表示する警告信号
安全装置 EE警告、シャッターロック、フィルム送り確認窓など撮影のミス防止用
リモートコントロール リモートスイッチ60およびリモートスイッチ3により可能
自動制御間欠撮影 インターバルタイマーE(短時間タイマー)の使用により休止時間をおいた断続撮影可能
グリップ 折りたたみ式 電池収納室兼用
大きさ(幅×高さ×奥行) 70×118×224mm
質量 1550g(本体のみ)