コンパクトデジタルカメラ

デジタルスチルカメラ

PowerShot 600N

PowerShot 600N

PowerShot 600N

  • 日本名称
  • 北米名称
  • 欧州名称 / アジア名称 / オセアニア名称
  • 概要
  • 主な仕様
  • カタログ
発売年月 1997年(平成9年)3月
発売時価格 118,000円

「PowerShot 600」と同様、57万画素CCDと160本/mmの高解像力レンズを搭載。832×608pixelの高画質記録を可能にしながら、同梱ソフトウェアの一層の充実とカメラとしての操作性を高めたモデル。操作面では、AF(オートフォーカス)のスピードを従来の1/2に短縮することにより、一瞬のシャッターチャンスを逃すことなく、確実に捉えることができるほか、AFの合焦時とシャッターレリーズ時に電子音を発生させることで、確実に撮影完了を認識できるなど、従来の銀塩カメラに近い使いやすさを追求している。

撮像素子(CCD) サイズ 1/3型
方式 補色/インターライン
画素数(総画素) 57万画素
感度 (ISO換算) ISO100相当
記録媒体 内蔵フラッシュメモリ(1MB)、PCカード(Type II、III)
記録フォーマット JPEG/TIFF/WAVE(音声データ)/当社独自フォーマット(CCD RAW)
記録画像サイズ 832×608、640×480、320×240
レンズ 7mm F2.5(35mmフィルム換算50mm)
シャッタースピード 1/30~1/500sec.
撮影距離 通常 40cm~∞
マクロ 10cm~40cm
内蔵ストロボ オート・強制ON/OFF・赤目緩和
ホワイトバランス TTLオート
ファインダー 光学 光学ファインダー
LCD
記録可能枚数*1 1MB 内蔵メモリ使用時
ファイン 4枚(832×608)/6枚(640×480)/17枚(320×240)
ノーマル 9枚(832×608)/12枚(640×480)/26枚(320×240)
エコノミー 15枚(832×608)/19枚(640×480)/36枚(320×240)
インターフェース パラレル/PCMCIA (TypeIII)
対応OS Windows3.1、Windows95、Macintosh
電源 専用Ni-Cd電池、単3形アルカリ乾電池×6本
寸法
(幅×高さ×奥行)
159.5×92.5×58.8mm
質量 (本体のみ) 約420g
付属品
(印刷物を除く)
ネックストラップ、カメラステーション、専用Ni-Cd電池パック、バッテリーチャージャー、各種アプリケーションソフトウェア

この仕様は、日本国内向けデジタルカメラの発売当時のものです。

*1 記録可能枚数は当社で設定した標準撮影条件によります。また、被写体によって変わります。

カタログ