コンパクトデジタルカメラ

デジタルスチルカメラ

PowerShot G1

PowerShot G1

PowerShot G1

  • 日本名称
  • 北米名称
  • 欧州名称 / アジア名称 / オセアニア名称
  • 概要
  • 主な仕様
  • カタログ
  • 作例
発売年月 2000年(平成12年)10月
発売時価格 115,000円

1/1.8型334万画素CCDと、新設計の大口径比3倍ズームレンズ(35mmフィルム換算:34-102mm、F2.0-2.5)を採用したほか、ISO50を含む幅広いISO相当感度の設定や、画質劣化のないNew RAWモードなど先進の高画質技術を搭載することで、優れた描写性能と色再現性を実現。また、独自のデジタル信号処理IC「映像エンジン」を搭載することで、高速かつ高精細な画像処理を可能にしている。

撮像素子 1/1.8型 約 334 万画素 CCD(有効約324万画素)
レンズ 7(W)~21(T)mm(35mmフィルム換算:34(W) ~ 102(T)mm)
F2.0(W) ~ 2.5(T)
デジタル
テレコンバーター
2倍、 4倍(光学ズームレンズとの組み合わせで最大12倍のデジタルズームが可能)
AF方式 TTLオートフォーカス(コンティニュアス、シングル)
フォーカスロックおよびマニュアルフォーカス可能
撮影可能距離
(レンズ先端より)
通常時AF時:70cm~∞
マクロAF時:6cn(w)/20cm(T)~70cm
マニュアルフォーカス時:6cm(W)/20cm(T)~∞
シャッター メカニカルシャッター+電子シャッター
シャッター速度 8~1/1,000秒 8秒はシャッター速度優先モードまたはマニュアルモード撮影時
1/640~1/1,000秒はF8に固定
1.3秒以上のスローシャッター時はノイズリダクション処理あり
感度 オート/ISO50/100/200/400相当 (オート時はISO50~100相当で自動設定)
測光方式 中央部重点平均測光、スポット測光
露出制御方式 プログラムAE、シャッター速度優先AE、絞り優先AE、マニュアル露出
AEロック可能
露出補正 ±2段(1/3段ステップ) AEB撮影可能
ホワイトバランス TTLオートホワイトバランス
プリセットホワイトバランス(太陽光、くもり、電球、蛍光灯、ストロボ)
マニュアルホワイトバランス
内蔵ストロボ 動作モード:オート、赤目緩和オート、赤目緩和オン、オン、オフ
ストロボ連動範囲:0.7~4.5m(W)、0.7~3.6m(T)(ISO100相当)
外部ストロボ接点 アクセサリーシュー部 シンクロ接点
右記ストロボの使用を推奨・・キヤノン スピードライト220EX、420EX、550EX
ストロボ調光補正 ±2段(1/3段ステップ)、FEロック可能
撮影モード オート
クリエイティブゾーン:プログラム、シャッター速度優先、絞り優先、マニュアル
イメージゾーン:パンフォーカス、ポートレート、風景、夜景、白黒、スティッチアシスト、ムービー
セルフタイマー 約10秒に撮影
ワイヤレス
コントローラー
撮影/再生可能(本体に同梱)
撮影時はレリーズボタン操作から約2秒後に撮影
PC接続撮影 可能(USB接続時のみ。同梱のソフトウェア「RemoteCapture」による。
別売の「パソコン接続キット PK500」が必要)
連写 約1.7画像/秒(ラージ/ファインモード、液晶モニター非使用時)
光学ファインダー 一次結像式実像光学ズームファインダー
液晶ファインダー 1.8型低温ポリシリコンTFT液晶カラーモニター
記録媒体 コンパクトフラッシュカード(Type1および type2)
画像ファイルフォーマット DCF*、DPOF対応
画像記録
フォーマット
静止画: JPEG、RAW
動画: AVI(画像データ: Motion JPEG、音声データ: WAVE[モノラル])
JPEG圧縮率
切り換え
スーパーファイン、ファイン、ノーマル
記録画素数 静止画 ラージ:2,048×1,536画素
ミドル:1,024×768画素
スモール:640×480画素
動画 320×240画素、15画像/秒、約30秒まで(1回の撮影につき)
記録可能画像枚数/動画時間 静止画
(16MB CFカード記録時)
静止画 スーパーファイン/ファイン/ノーマル
ラージ 約8枚/約15枚/約32枚
ミドル 約25枚/約45枚/約84枚
スモール 約54枚/約94枚/約161枚
RAW 約5枚
動画 約62秒

上記枚数/時間は当社標準撮影条件によるものであり、被写 体・撮影状況・撮影モードなどにより変化します。

再生モード シングル再生、マルチ再生(サムネイル9画像)、スライドショー
拡大再生(内蔵液晶モニター上で約2.5倍または約5倍に拡大可能)画像回転可能
インターフェース USB、シリアル(RS-232C)、CFカードスロット(CF Type2規格準拠)
映像/音声出力端子(NTSCまたはPAL切替可能、モノラル音声)
電源 1.専用充電式リチウムイオン電池(BP-511)(同梱)
2.専用ACアダプター(同梱)
3.カーバッテリー(別売のチャージアダプター/カーバッテリーケーブルキットCR-560が必要)
撮影可能枚数 液晶モニターオン:約260枚(当社測定基準** による、フル充電BP-511を使用)
液晶モニターオフ:約800枚(当社測定基準** による、フル充電BP-511を使用)
再生可能時間 約160分(測定基準:常温(23°C)、1画像あたり5秒間隔で連続再生。フル充電BP-511を使用)
大きさ 119.7(幅)×76.8(高さ)×63.8(奥行き)mm(突起部を除く)
質量 約420g(本体のみ)

* 「DCF」は、主としてデジタルカメラの画像ファイルを、関連情報機器間で簡便に利用しあうことを目的として制定された、(社)電子情報技術産業協会の規格”Design rule for Camera File system”の略称です。

** 撮影可能枚数の測定基準:常温(23°C)、液晶ファインダー点灯、20秒間隔でワイド端撮影とテレ端撮影を交互に繰り返し。 4回に1回ストロボ使用。8回に1回電源OFF/ON操作を行う。

カタログ
作例1
1.59MB