フィルムカメラ

35mmフォーカルプレーンシャッター式距離計連動カメラ

標準型(ハンザ・キヤノン)

  • 日本名称
  • 北米名称
  • 欧州名称 / アジア名称 / オセアニア名称
  • 概要
  • 主な仕様
  • 広告
発売年月 1936年(昭和11年)2月
発売時価格 275円(ニッコール50mm F3.5、レンズフード、フィルムマガジン2個、フィルム巻き取り軸、ケース付き)

商品化に向けて作られた第1号機。技術的に困難であったカンノンの機構を見直し、日本光学(現、(株)二コン)の協力を得て完成、日本最初の高級35mmカメラとして1936年2月(前年10月発売説もあるが不明)に発売された。装着されたレンズは民生用として初めて取付けられたニッコール5cmF3.5、距離計連動の光学系、焦点調節機構を含むマウント部も日本光学によって賄われていた。ファインダーは距離計窓とは別の逆ガリレオ式で、ボタン操作で飛び出すところからビックリ箱と呼ばれ親しまれた。カンノンの名前をキヤノンに変えたのは吉田の義弟で経営の任を負っていた内田三郎。Canonは、標準、規範、聖典といった意味がある。ハンザ名は販売総代理店であった近江屋写真用品(株)の商標名を、契約上刻印したもの。

2019年9月3日 国立科学博物館 重要科学技術史資料(未来技術遺産)登録

型式 35mmフォーカルプレーンシャッター式カメラ
画面サイズ 24×36mm
標準レンズ ニッコール50mm F3.5 (3群4枚構成テッサータイプ)
マウント 内3爪バヨネット式(専用)、レンズ着脱可能
シャッター 2軸式の布幕横走行フォーカルプレーン1/500、1/200、1/100、1/60、1/40、1/30、1/20秒、Z(Zeit=B) 1軸回転ダイヤル式
ファインダー 二重像合致式連動距離計とポップアップ式(通常ビックリ箱)の逆ガリレオ式ビューファインダーに よる二眼式、焦点調節はストッパー解除によるギア回転式
フィルム装填・給送 底蓋取り外し底部落とし込み式、上部回転ノブ式
フィルムカウンター 手動セット順算式0~36目盛り(カメラ前面部)
フィルム巻き戻し 上部回転ノブ式
大きさと質量 136.5×69×31mm、640g(ニッコール50mm F3.5付き)
広告