フィルムカメラ

35mmフォーカルプレーンシャッター式距離計連動カメラ

P型(Populaire)

P (Populaire)

P (Populaire)

  • 日本名称
  • 北米名称
  • 欧州名称 / アジア名称 / オセアニア名称
  • 概要
  • 主な仕様
  • カタログ
  • 広告
発売年月 1959年(昭和34年)3月
発売時価格 52,700円(50mm F1.4付き)
37,700円(50mm F2.8付き)

P型はポピュレールという機種名から分かるように、高級機の大衆路線カメラといった、一見、矛盾したような性格の機種であった。製造コストのかかる3段変倍式のファインダー機構を止め、広角35mmレンズ用の全視野内に50mmレンズ用と100mmレンズ用の視野枠をルミフィールド式で示す等倍型のパララックス自動補正式として簡略化した。つまり、焦点距離35mmの広角レンズから中望遠の100mmレンズまでを使用するユーザーをターゲットにしていた機種で、V型シリーズ以降で採用してきたアクセサリーシューに設けられていたパララックス補正ピンは省略された。
狙い通り、機能対価格のマッチングが功を奏して10万台弱が生産・販売された。

型式 35mmフォーカルプレーンシャッター式距離計連動カメラ
画面サイズ 24×36mm
標準レンズ キヤノン50mm F1.4、50mm F2.8
マウント ねじ式マウント
シャッター 2軸式の金属幕横走行フォーカルプレーン1/1000、1/500、1/250、1/125、1/60、1/30、1/15、1/8、1/4、1/2、1秒、B、X(1軸不回転ダイアル式)、セルフタイマー内蔵
フラッシュシンクロ FP、X接点(自動切り替え式、X接点の同調秒時は1/55秒、ターミナルソケットはボディ側面の直結バヨネット式)
ファインダー 二重像合致式連動距離計と35mmレンズ用の全視野内に50mmレンズ用、100mmレンズ用の各視野枠を示すルミフィールド式ファインダーを備えた一眼式、パララックス自動補正機構付。
フィルム装填・給送 裏蓋開閉スプール差し込み式、巻き上げ角130度上部回転レバーによる1作動式(小刻み巻き上げ可能)
フィルムカウンター 裏蓋開放に連動して自動復帰する順算式0~40目盛り、給送・巻き上げ確認機構付き
フィルム巻き戻し 折り畳み回転クランク式
大きさと質量 144×76×71mm、790g(50mm F2.8付き)
露出計(キヤノンメーター:別売) シャッターダイアルの回転に連動する絞り値読み取りセレン光電池式、測光連動範囲は、ISO100の条件でEV10~19、EV4~13の高低2段切り替え式、低照度測光用ブースターの装着条件ではEV2までの測光が可能
カタログ
カタログ
広告