歴史館受賞歴から見る

2000年-2004年

2000-2004

  • 2000

    • EOS-1Vヨーロピアン・フォト・アワード:ヨーロピアン・プロフェッショナル・カメラ・オブ・ザ・イヤー*1TIPAベスト・ヨーロピアン・フォト・アンド・イメージング・アワード:TIPAベスト一眼レフカメラ*2

      選定理由としては、いずれの賞も、高性能45点エリアAFや約10コマ/秒の世界最速連写*3、約9コマ/秒の動体予測連写*4など数々の先進機能を搭載したほか、マグネシウム合金外装による高剛性ボディや優れた防滴・防塵性能など、プロの過酷な撮影条件に耐える高い信頼性が評価された。

      *1 ヨーロピアン・フォト・アワードの部門賞の1つ。1998年に制定され、キヤノンの受賞は今回が初めて。
      *2 TIPAベスト・ヨーロピアン・フォト・アンド・イメージング・アワードの部門賞の1つ。キヤノンの受賞は、1992年のEOS 100(日本:EOS 100 QD、北米:EOS ELAN)に続いて2回目。
      *3 2000年8月10日現在、可動ミラー式35mm一眼レフカメラにおいて。パワードライブブースターPB-E2とニッケル水素パックNP-E2の併用時。
      *4 パワードライブブースターPB-E2とニッケル水素パックNP-E2の併用時。

      詳細

    • IXUS Z50(日本:IXY 220、北米:ELPH LT 260)ヨーロピアン・フォト・アワード:ヨーロピアン・APSカメラ・オブ・ザ・イヤー*

      選定理由としては、「IXY」の基本コンセプトである「小型・簡単・高品位」を継承しながら、より優れた操作性と低価格化を追求した点が高く評価された。

      * ヨーロピアン・フォト・アワードの部門賞の1つ。キヤノンの受賞は1996年のIXUS(日本:IXY、北米:ELPH)、1997年のEOS IX(日本:EOS IX E、北米:EOS IX)に続いて3回目。

      詳細

  • 2001

    • DIGITAL IXUS v(日本:IXY DIGITAL 200、北米:PowerShot S110 DIGITAL ELPH)TIPAベスト・ヨーロピアン・フォト・アンド・イメージング・アワード:TIPAベストデジタルコンシューマーカメラ

      カードサイズの超小型ボディでありながら、高精細200万画素CCDや光学2倍ズームレンズなどにより高画質を実現し、さらには省電力化や音声付き動画の記録・再生機能などを搭載した点が高く評価された。

      詳細

    • MV30i(日本:FV2、北米:OPTURA Pi)TIPAベスト・ヨーロピアン・フォト・アンド・イメージング・アワード:TIPAベストカムコーダー

      大型LCDや光学式手ブレ補正技術を搭載したほか、外部マイクやビデオライトの装着が可能なアドバンストアクセサリーシューを採用した点などが評価された。

      詳細

  • 2002

    • EOS-1DTIPAベスト・ヨーロピアン・フォト・アンド・イメージング・アワード:TIPAベストデジタル一眼レフカメラ*1

      プロ用最高級一眼レフカメラ「EOS-1V」の優れた耐久性、信頼性を継承するとともに、大型415万画素CCDや高性能映像エンジンを採用することにより、高画質と最高約8コマ/秒(連続21コマ)の世界最速連写*2、高速レスポンスなど、フィルムカメラに劣らない性能と撮影間隔を実現し、報道・スポーツ分野をはじめとするプロカメラマンの厳しい要求を満たすデジタル撮影の新しい基準を示したことが評価された。

      *1 TIPAベスト・ヨーロピアン・フォト・アンド・イメージング・アワードの部門賞。キヤノンの受賞は今回が初めて。
      *2 2002年7月18日現在。デジタル一眼レフカメラとして。

      詳細

    • PowerShot S40TIPAベスト・ヨーロピアン・フォト・アンド・イメージング・アワード:TIPAベストデジタルコンシューマーカメラ*

      キヤノンが長年培ってきたカメラメーカーならではの光学技術を核として、初心者はもとより作画志向の強い中・上級者の撮影ニーズにも応える多彩な撮影機能により、あらゆる場面で高画質なデジタル写真を撮影できる点が評価された。

      * TIPAベスト・ヨーロピアン・フォト・アンド・イメージング・アワードの部門賞。キヤノンの受賞は、2001年のDIGITAL IXUS v(日本:IXY DIGITAL 200)に続き2年連続2回目。

      詳細

    • EF400mm F4 DO IS USMTIPAベスト・ヨーロピアン・フォト・アンド・イメージング・アワード:TIPAベストレンズ*

      独自開発の「積層型回折光学素子」を採用することにより、従来の同クラスのレンズと比べ、優れた描写性能を損ねることなく、大幅な小型・軽量化(全長で約27%、重さで約31%減)を実現し、これまで大きさや重さが課題とされていた超望遠レンズにおける革新性が評価された。

      * TIPAベスト・ヨーロピアン・フォト・アンド・イメージング・アワードの部門賞。キヤノンのベストレンズ受賞は4回目。

      詳細

    • EOS D60EISAフォトアワード:EISAヨーロピアン・プロフェッショナル・デジタルカメラ・オブ・ザ・イヤー

      自社開発の約630万画素CMOSセンサーや、高速・高精細の画像処理が可能な高性能「映像エンジン」の採用などにより、高解像度と忠実な色再現性を実現し、プロカメラマンの要求にも応えるデジタル撮影を可能にした点が高く評価された。

      詳細

    • PowerShot G2EISAフォトアワード:EISAヨーロピアン・デジタルカメラ・オブ・ザ・イヤー

      400万画素CCDと大口径比3倍ズームレンズの採用により優れた画質を実現するとともに、多彩なマニュアル機能をはじめ、外部ストロボへの対応や可動式液晶モニターの採用など、作画志向の強い中・上級者の撮影ニーズに対応した点が評価された。

      詳細

  • 2003

    • EOS-1Dsカメラグランプリ*1:大賞TIPAベスト・ヨーロピアン・フォト・アンド・イメージング・アワード:TIPAベストデジタル一眼レフカメラ(Best Digital SLR System Camera)*2ヨーロピアン・フォト・アワード EISAヨーロピアン・プロフェッショナル・デジタルカメラ・オブ・ザ・イヤー

      カメラグランプリ

      EOS-1Dsにキヤノン独自開発の大型単板CMOSセンサー(35.8×23.8mm)を搭載し、35mmフルサイズ、1000万画素超という大きなハードルを越えた功績が認められた。また、スタジオ撮影を中心としたプロの要求する基準を満たす高画質を、現行の35mm一眼レフカメラと同じ感覚で撮影でき、さらにデジタル時代のプロの道具としてあらゆる面で最高性能を追求した完成度の高さも評価された。

      *1 1984年の創設以来、2003年で20回目。キヤノンは、2002年のEOS-1Dに続き2年連続7回目の受賞。

      TIPAベスト・ヨーロピアン・フォト・アンド・イメージング・アワード

      キヤノン独自の35mmフルサイズ・1110万画素の大型単板CMOSセンサーを搭載することで、高速レスポンスや撮影における柔軟性を損なうことなく、デジタル一眼レフカメラの再高画質を実現したこと、また、あらゆる業務に対応する高耐久性・高信頼性を確保したことなど、デジタル一眼レフカメラとしての新しい基準を確立したことが大いに認められた。

      *2 TIPAベスト・ヨーロピアン・フォト・アンド・イメージング・アワードの部門賞の1つ。同部門のキヤノンの受賞は、EOS-1Dに続き2年連続2回目。

      ヨーロピアン・フォト・アワード

      受賞理由として、自社開発の35mmフルサイズ・1110万画素のCMOSセンサーを搭載し、中判カメラと同等の高画質や、ネガフィルムに匹敵する幅広いダイナミックレンジ*3を実現したほか、プロ向けのデジタル一眼レフカメラとして最高の基本性能を凝集させたことが挙げられた。

      *3 画面の最も明るい部分から、最も暗い部分までの階調を再現できる能力のこと。dB単位で表す。

      詳細

    • EOS 10Dヨーロピアン・フォト・アワード:EISAヨーロピアン・デジタルカメラ・オブ・ザ・イヤー

      自社開発の約630万画素CMOSセンサーを搭載し、高精細・高画質・自然な色あいを実現するとともに、ISO100からISO1600相当まで(ISO3200相当の感度拡張可能)のISO感度設定により、様々な撮影条件に柔軟に対応することが可能。さらにスーパーインポーズ表示を備えた広視野・高速7点AFなど、撮影機能の充実を図った点も高く評価された。

      詳細

    • EF17-40mm F4L USMTIPAベスト・ヨーロピアン・フォト・アンド・イメージング・アワード:TIPAベストレンズ(Best Lens)*

      デジタルカメラ、フィルムカメラを問わず、全ての撮影に幅広く対応できる万能なレンズであることが高く評価された。例えば、画面サイズが35mmフルサイズより小さいデジタル一眼レフカメラに装着した場合でも、広角域から標準域までの撮影が可能なほか、”EOS-1Ds”や35mmフィルムの一眼レフカメラにおいては、超広角ズームレンズとして使用することができる。

      * TIPAベスト・ヨーロピアン・フォト・アンド・イメージング・アワードの部門賞の1つ。キヤノンは、2002年のEF400mm F4 DO IS USMに続き2年連続5回目の受賞。

      詳細

  • 2004

    • EOS 300D (日本:EOS Kiss Digital*1、北米:EOS DIGITAL REBEL)The Best Photo Products in Europe:TIPAブレークスルーアワード (Breakthrough Award)*2

      受賞理由:一般消費者も購入できるレベルの普及価格を実現した初めてのデジタル一眼レフカメラとして、歴史に名を残すべき製品であること。

      *1 EOS Kiss Digitalは、日本において同年5月、「カメラグランプリ2004 カメラ記者クラブ特別賞」を受賞。
      *2 欧州のフォト・アンド・イメージング・アワードの部門賞の1つで、今回より新設された。歴史に名を残すにふさわしい画期的な製品にのみTIPAが授与する賞。

      詳細

    • EOS-1D Mark IIThe Best Photo Products in Europe:TIPAベストプロフェッショナルデジタル一眼レフカメラ(Best Professional Digital SLR Camera)ヨーロピアン・フォト・アワード:EISAヨーロピアン・プロフェッショナル・デジタルカメラ・オブ・ザ・イヤー

      The Best Photo Products in Europe

      受賞理由:スポーツ・報道分野に求められる高速性と、ポートレート撮影や商品撮影といったコマーシャル分野に最適な高画質を高次元に両立させていること。

      ヨーロピアン・フォト・アワード

      受賞理由として、画質、レスポンス、耐久性のいずれにおいても一切妥協のない高性能を実現したことが挙げられた。具体的には、約820万画素の大型CMOSセンサーと、自社開発の映像エンジン「DIGIC II」の搭載により、プロカメラマンの厳しい要求にも応える高画質と高速性能が高い評価を得た。

      詳細

    • EOS 30V Date/33V(日本:EOS 7s、北米:EOS ELAN 7NE/EOS ELAN 7N)
      The Best Photo Products in Europe:TIPAベスト35mm一眼レフカメラ (Best 35mm SLR Camera)*1

      受賞理由:クラス最速のAFスピードと連写性能(約4コマ/秒*2 )を実現しているほか、視線入力機能*3 付きの広視野7点AF、金属外装の採用による高信頼性、撮影の配慮が必要な場所でも撮影できる静音設計など、優れた基本性能を備えていること。

      *1 欧州のフォト・アンド・イメージング・アワードの部門賞の1つ。旧ベスト一眼レフカメラ。キヤノンの受賞はEOS-1Vに続いて3回目。 
      *2 ワンショットAF時。
      *3 視線入力機能を搭載しているのはEOS 30V Dateのみ。

      詳細

    • オリジナルデータ確認キット”DVK-E2″The Best Photo Products in Europe:TIPAベストテクノロジー(Best Technology)*

      受賞理由:証明・証拠としての信憑性が重視される記録画像において、誰もが簡単にデータを加工できることがデジタル特有の問題として挙げられるが、こうした形跡を高精度にチェックし、オリジナル性を的確に判定できる”DVK-E2″によりこの問題を解決できたこと。

      * 欧州のフォト・アンド・イメージング・アワードの部門賞の1つ。ベストテクノロジーの受賞は、1999年のEOS-3以来3回目。

      詳細