開く

キヤノンのユニバーサルデザイン
考え方

キヤノンが考えるユニバーサルデザインは、お客さまが製品を使う場面で出会う、さまざまな問題を予測・理解し、できるだけ多くの工夫を行うこと。
それによって、いつでも、どんな場面でも、そしてどなたにも、快適にお使いいただける製品にすること。
それが、わたしたちキヤノンがめざす「ユニーバーサルデザイン」です。

行動指針

使いやすさの徹底
お客さまの利用状況を深く理解し、目的や場面にあった使いやすさへの配慮と工夫を徹底してゆきます。
使いたくなる製品・サービスの追求
お客さまが使いたくなる製品・サービスをめざし、単なる問題改善にとどまらない、革新的なアイデア創出を追究します。
先進の技術を活かす
お客さまの利便性を高め、より豊かで快適な生活を実現するために、キヤノンの先進技術を活かしてゆきます。

共生

キヤノンは創業以来、つねにお客さまの生活を豊かにする優れた技術開発をめざし、文化、習慣、言語、民族などの違いを問わずに、すべての人類が末永く共に生き、共に働いて、幸せに暮らしていける社会をめざす「共生」を基本理念としてまいりました。
近年、先進国では高齢化が進む一方で、小さな子どももコンピュータを使うようになるなど、お客さまは従来の枠を超えて幅広くなっています。
あらゆる人が使いやすいモノを提供するユニバーサルデザインの思想は、まさに「共生」の理念そのものであり、わたしたちがめざす製品開発のありかたです。