最新情報

2018年11月29日 キヤノンエコテクノパーク サイトオープン

地球上の資源には限りがあります

キヤノンは⼤切な資源を
繰り返し利⽤するために
「製品から製品へ」資源を循環させる
技術を磨いてきました

美しい地球と豊かな資源を
未来へと繋いでいくために
キヤノンは これからも
サーキュラーエコノミー
(循環経済)の構築に
貢献していきます

キヤノンは、茨城県坂東市に
環境活動の発信拠点
「キヤノンエコテクノパーク」
を開所しました。

「キヤノンエコテクノパーク」は、
高度な資源循環を目指した
最新鋭の工場とショールームで
構成されています。
また、小学生に向けた環境学習の場としても
ご利用いただく予定です。

主なリユース・リサイクル活動

オフィス向け複合機のリマニュファクチュアリング
使用済みオフィス向け複合機を回収して、その機器を部品レベルまで分解し、最適な技術を用いて清掃します。厳密な再生基準に従って、劣化・摩耗部品などを交換し、新しい部品のみで生産される機器と同じレベルの生産・検査ラインを活用し、品質を新品同等にまで高めて出荷しています。

トナーカートリッジのクローズドループリサイクル
回収されたレーザープリンターの使用済みトナーカートリッジは、部品や材料ごとに分別して純度の高い再生プラスチックを加工するまでの全ての工程が自動で行われます。再生されたプラスチックは、キヤノンの生産工場に送られ、繰り返しトナーカートリッジの原材料として使用されます。

インクカートリッジのリサイクル
国内で回収されたインクジェットプリンターの使用済みインクカートリッジは、自動化されたリサイクルラインで解体、粉砕、洗浄の各工程を経てフレーク状のリサイクルプラスチックに加工されます。その後、キヤノンの生産工場に送られインクカートリッジの部品などに再利用されます。