ニュースリリース

2012年12月4日
キヤノン株式会社

キヤノンの複合機9モデルがカーボンフットプリント宣言認定を取得

キヤノン株式会社(以下、キヤノン)の「imageRUNNER ADVANCEシリーズ」のうち9モデルが、社団法人産業環境管理協会(以下、JEMAI)が運用しているカーボンフットプリントコミュニケーションプログラム(以下、新CFPプログラム)において、複合機で初めて*1CFP宣言*2認定を取得しました。

  • ※12012年12月4日現在、キヤノン調べ。
  • ※2CFP宣言とは、「CFPマーク」、「数値表示」、「追加情報」、「CFPウェブサイトにおいて公開される登録情報」を指す。
新CFPプログラム

JEMAIによる新CFPプログラムにおいて複合機では初めてCFP宣言認定を取得

このたび、キヤノンがCFP宣言認定を取得したのは、「imageRUNNER ADVANCEシリーズ」のうち、カラーではC5200シリーズで計4モデル、C9200 PROシリーズで計2モデル、モノクロでは4000シリーズで計3モデルの合計9モデルです。 複合機でのCFP宣言認定の取得は、JEMAIによる新CFPプログラムで初めてのことです。

新CFPプログラムは、経済産業省などによるCFP試行事業をJEMAIが 2012年4月より民間事業として引き継ぎ、同年7月から本格運用を開始した制度です。製品やサービスの原材料調達から廃棄・リサイクルまで、製品ライフサイクル全体において排出される温室効果ガスの量をCO2に換算し、環境負荷を「見える化」することを目的としています。本プログラムは2013年に国際標準化される予定のISO14067*3に準拠しており、今後の普及により、製品やサービスにおけるCO2排出量のさらなる削減が進むことが期待されています。

  • ※3ISO14067とは、ISOが現在策定中の「CFP算定およびコミュニケーション」の国際標準規格。

キヤノンは環境ビジョン「Action for Green」*4の実現に向けて、今後もCFPの取り組みを進め、製品ライフサイクルの各段階における環境負荷の把握と削減を推進していくとともに、ユーザーに対して、印刷設定の変更などによる環境負荷の少ない製品使用方法の提案を行っていきます。

  • ※4「Action for Green」とは、キヤノンの環境保証活動の方向性を示したビジョンを指す。

なお、今回CFP宣言認定を取得した「imageRUNNER ADVANCE C5255」を、12月13日から12月15日まで東京ビッグサイトにおいて開催される「エコプロダクツ2012」で展示し、キヤノンのCFPプログラムに関する取り組みを紹介します。

【ご参考】 社団法人 産業環境管理協会 カーボンフットプリントプログラムWebサイト:http://www.cfp-japan.jp

CFP宣言認定を取得したimageRUNNER ADVANCEモデル一覧

【カラー C5200シリーズ】
imageRUNNER ADVANCE C5255
imageRUNNER ADVANCE C5250
imageRUNNER ADVANCE C5240
imageRUNNER ADVANCE C5235

【カラー C9200 PRO シリーズ】
imageRUNNER ADVANCE C9280 PRO
imageRUNNER ADVANCE C9270 PRO

【モノクロ 4000 シリーズ】
imageRUNNER ADVANCE 4045
imageRUNNER ADVANCE 4035
imageRUNNER ADVANCE 4025