ニュースリリース

2014年4月3日
キヤノン株式会社

「EOS C500」の現像ソフトウエアをバージョンアップし無償提供
「インテル® Iris™ Pro グラフィックス」搭載PCの使用で作業効率を大幅に向上

キヤノンは、映像制作機器「CINEMA EOS SYSTEM」のデジタルシネマカメラ「EOS C500」(2012年10月発売)による映像制作ワークフローをより快適にするため、4K Cinema RAWの現像ソフトウエア “Cinema RAW Development” をバージョンアップし、2014年10月より無償提供します※1

  • ※1詳細は10月以降に、キヤノン「CINEMA EOS SYSTEM」ホームページ(canon.jp/cinema-eos)で公開します。
EOS C500

EOS C500

新しい “Cinema RAW Development 1.3” は、「EOS C500」を用いた映像制作の現場で、動画の再生・確認を含む4K Cinema RAWでの撮影ワークフローをより快適にするために開発中の現像ソフトウエアです。
“Cinema RAW Development 1.3” は、米インテル社の協力により、同社のソフトウエア開発キット「インテル® Media SDK 2014 Professional Camera Pack」※2ベータ版との最適化を実施しており、「インテル® Iris™ Pro グラフィックス」が搭載されたPC使用時に、より高速に4K Cinema RAWのデータを現像することが可能です。
「インテル® Media SDK 2014 Professional Camera Pack」に対応した “Cinema RAW Development 1.3” と「インテル® Iris™ Pro グラフィックス搭載PC」の組み合わせにより、これまでは多大な処理能力を必要とするため、ワークステーションやPCによってのみ可能であった、プレビュー表示を含む4K RAWデータを用いた作業を、ノート型PCなどの小型な機器でも、4K RAWデータを最高24フレーム / 秒の速度で、撮影直後にリアルタイム再生を行うことが可能になります。これにより、撮影現場での映像確認など4KのRAWデータを用いたワークフローを今まで以上に効率化することができます。

  • ※2「インテル® Media SDK 2014 Professional Camera Pack」は、インテル社により、「インテル® Integrated Native Developer Experience RAW Media Accelerator」へ名称が変更されました。(2014年9月4日追記)

インテル コーポレーション ソフトウエア&サービス事業本部 副社長 兼
デベロッパー・ リレーション本部長のクリストス・ジョージオポーラス氏のコメント:

「キヤノンとの緊密な協業により、『インテル® Iris™ Pro グラフィックス』を搭載した高性能なノートブックPC上で、次世代の高速な4K RAWデータの動画の再生・確認およびリアルタイム再生を実現させることが出来たことを大変嬉しく思っております。」

【 “Cinema RAW Development” について】

“Cinema RAW Development” は「EOS C500」で撮影され、外部レコーダーに出力・記録された4K Cinema RAW形式のファイルを、映像の確認や編集作業において標準的なDPXなどのファイル形式に変換・出力するためのソフトウエアです。

【インテル社について】

インテルは、革新的なコンピューティング技術で世界をリードする企業です。インテルは、仕事や生活で利用される様々なコンピューティング機器の基礎となる重要な技術を開発しています。インテルに関する情報は、http://www.intel.comをご参照ください。

【ご参考】

米国ラスベガスで4月7日~10日(米国時間)に開催されるイベント「NAB Show」のキヤノンブースにおいて、「インテル® Iris™ Pro グラフィックス」を搭載したPCを使用し、 “Cinema RAW Development 1.3(試作版)” のデモを実施予定です。

  • Intel、インテル、インテル Irisは、米国およびその他の国におけるインテル コーポレーションの商標です。
  • その他の社名、製品名などは、一般に各社の商標または登録商標です。