ボリュメトリックビデオ技術とは

ボリュメトリックビデオについてご説明します。

ボリュメトリックビデオの特徴

ボリュメトリックビデオ技術とは、撮影画像から3D空間データを再構成する技術です。
複数のカメラで撮影された映像をつないで切り替えるのではなく、3D空間データを生成することが特徴です。 3D空間データであるため、空間内の自由な位置、角度からの映像コンテンツを生成でき、3D空間データを変換することで、2Dの自由視点映像、3D空間データを活かしたVR/ARコンテンツなど、様々なアウトプットを提供することが可能です。

ボリュメトリックビデオの生成方法

キヤノンのボリュメトリックビデオの生成方法について説明します。

STEP1

被写体を様々な角度のカメラで撮影

被写体を様々な角度のカメラで撮影

STEP2

被写体以外のブロックを削ることで、被写体を3Dデータ化

被写体以外のブロックを削ることで、被写体を3Dデータ化

STEP3

背景と被写体の3Dデータを合成

背景と被写体の3Dデータを合成

キヤノン ボリュメトリックビデオ