CANON TECHNOLOGY

閉じる

宇宙の起源に迫る宇宙の起源に迫る

宇宙の謎の解明に貢献

キヤノンのコア技術である光学・イメージング技術は天文学の進展にも貢献。
ハワイ島に建設される超大型望遠鏡TMT(Thirty Meter Telescope)への参画や天体望遠鏡用の赤外分光器を小型化するイマージョン回折素子の独自開発などを推進しています。

2018/12/27技術紹介

[ TMT ]

国際共同プロジェクトに大きな貢献

#イメージング技術#社会貢献#宇宙#機械工学#電気工学#情報工学#物理学

TMTは、日本・米国・カナダ・中国・インド5カ国の国際協力によって、ハワイ島に建設計画が進められている口径30mの超大型望遠鏡です。キヤノンは、日本の国立天文台のすばる望遠鏡(ハワイ)で光学系の開発・生産を担うなどの実績が評価され、TMTでも分割鏡の製造を担当しています。TMTの、口径30mの主鏡は492枚の分割鏡を敷き詰めてつくります。この分割鏡(交換用を含めると574枚)の製造は日本・米国・中国・インドが分担して行い、日本はその約3割を担当しています。キヤノンは、2014年に分割鏡の製造を開始。分割鏡の研削、研磨、および分割鏡ユニットの組立てを担っています。

極低膨張ガラスを素材とする分割鏡は、対角1.44m、厚さ45mmの六角形状で、鏡面の非球面量は最大で0.2mm、鏡面の仕上がり精度は2μm以内に収めなければなりません。キヤノンは、大型非球面鏡の加工・計測システムを独自開発して分割鏡の量産に取り組んでいます。

イメージ

[ 赤外イマージョン回折素子 ]

赤外分光器の高性能化により宇宙史の解明に期待

#イメージング技術#宇宙#物理学

天体望遠鏡などで宇宙を観測する際、情報を取り出すために光を波長ごとに分ける分光器には、これまで反射型素子が使われてきました。キヤノンはゲルマニウム単結晶やテルル化カドミウムに続き、リン化インジウムのイマ―ジョン回折素子の開発に成功。これら3種類の回折素子で、天文学における赤外波長のほぼすべての領域の分光をカバーできるようになりました。従来の分光器に比べ、リン化インジウムの場合、体積を27分の1に縮小でき、大きさや質量の制約で搭載が難しかった高性能分光器を、人工衛星などに搭載することを可能にしました。宇宙望遠鏡やTMTなど次世代型天体望遠鏡ばかりでなく、既存の望遠鏡の高性能化にも期待が寄せられています。

リン化インジウムイマージョン回折素子
(長辺約50mm×短辺約20mm×高さ約15mm)

イメージ

電子顕微鏡による格子面観察画像(1000倍)

コンテンツの改善に関するフィードバックをぜひお送りください

このコンテンツはお役に立ちましたか?

理由をお聞かせください

ご協力いただき、ありがとうございました。
今後もより良いコンテンツ制作をめざしてまいります。

トレンド記事

イメージ

2019年5月23日

技術紹介

人工衛星

キヤノン電子が参入した人工衛星ビジネスの可能性

イメージ

2019年5月23日

技術紹介

最先端CMOSセンサー

超高感度・超高精細センサーを実現

イメージ

2019年5月16日

活動紹介

ネットワークカメラ

映像解析によりさらに発展するネットワークカメラ

イメージ

2019年5月16日

技術紹介

商業印刷

多様化するニーズに応え、今までにない高画質を実現

カテゴリ

CANON TECHNOLOGY TOPに戻る