開く

産業機器

スマホも。データセンターも。
支えているのは、キヤノンの産業機器。

半導体製造関連装置を中心に

クラウド、スマホ、AI、IoT。これからの社会で半導体業界はさらに大きな成長が見込まれています。キヤノンは半導体生産を中心に産業機器事業を展開。たとえば、有機ELディスプレイは、キヤノントッキの製造装置がなければつくれないといわれているほど。産業機器メーカーとしても、キヤノンは大きな存在感を持っています。

50周年を迎えた半導体露光装置

1970年、日本初となる半導体露光装置の製品化からキヤノンの露光装置事業の歴史は始まります。現在は、メモリー・ロジック・イメージセンサーの回路を描く半導体露光装置に加え、液晶パネル製造に使われるフラットパネルディスプレイ露光装置など、時代のニーズに合わせた製品を取りそろえています。

メモリーメーカーで量産検証中のナノインプリント半導体製造装置

新規事業をグループ3社が開拓

新規事業としての産業機器は、有機ELディスプレイ量産装置の製品化に成功したキヤノントッキ、次世代メモリーやHDDスパッタリングの装置を手掛けるキヤノンアネルバ、半導体チップの実装を担うダイボンダーや自動化・省力化装置などを生産するキヤノンマシナリーの3社が核となって拡充。密接に協力し合い、次世代有機ELディスプレイ製造装置の製品化などのイノベーションに挑んでいます。

半導体チップの生産に欠かせないキヤノンマシナリーのダイボンダー

革命をもたらす新技術を開発

キヤノンは半導体業界に革命を起こすナノインプリントリソグラフィ技術の開発も進めています。従来、光によって焼き付けていた回路パターンを、マスク(型)を樹脂に押し当てて形成。シンプルなプロセスかつ低コストでフラッシュメモリーなどを生産できる技術として注目を集め、現在半導体メーカーで量産性の検証が行われています。

キヤノン電子が取り組む宇宙開発

キヤノン電子では、キヤノングループが持つさまざまな技術を結集し、超小型人工衛星を開発。衛星は2017年に打ち上げられ、搭載されたキヤノンのデジタルカメラで撮影した高精細画像データをいまも地上に送り続けています。さらに2019年、子会社のスペースワンは小型ロケット打ち上げの事業会社として、日本初の民間ロケット発射場「スペースポート紀伊」の建設を開始し、2021年夏の完成をめざしています。

スペースポート紀伊完成イメージ