産業機器が実現する社会
有機ELディスプレイを
もっと身近に、フレキシブルに

くっきりしたきれいな画質と薄型・省電力で
ニーズが急増している有機ELディスプレイ

ますます身近になる、有機ELディスプレイ

有機ELディスプレイ製造装置を生産するキヤノントッキ

ディスプレイをさらに薄く、美しく、省エネルギーに。そんな期待に応え、スマートフォンやタブレットへの有機ELディスプレイの採用が加速しています。
自ら発光する有機材料を使う有機ELディスプレイは、液晶のようにバックライトを必要としないので構造をシンプルにでき、薄型、軽量を実現。バックライトからもれる光もないので漆黒の黒を表現でき、色のコントラストも引き立ちます。形状の自由度も高いことから、「折りたためるスマートフォン」や「巻き取れるテレビ」も登場しています。しかし、有機ELディスプレイにはつくることが難しいという課題がありました。
優れた特性がありながら、なかなかつくることができずにいた有機ELディスプレイ。その量産装置を世界で初めて製品化したのがキヤノントッキです。それ以降、世界をリードする存在として有機ELディスプレイの量産を支え続けています。

美しく大きく、自由なディスプレイの実現へ

有機材料は大気に触れると劣化するため、真空状態にして製造しなければなりません。また、むらなく正確に位置合わせしてガラス基板に蒸着させることも、非常に難しい技術です。
キヤノンが次にめざしているのは、もっと大きくきれいな画面と、さらなる普及に向けた装置のコストの低減です。それに加えて新たな製造装置や、より性能の高い有機EL材料の開発も進めています。
空間に浮かぶシースルーのディスプレイなど、夢は膨らむ一方の有機ELディスプレイ。キヤノンによって実現される未来も遠くないかもしれません。