新たな産業別グループの現況
メディカル

キヤノンの抗原定性検査システムを導入し、新型コロナ
ウイルス感染症の検査を行う横浜市立大学附属病院

医療の最前線で信頼され続けるために。
メディカルシステムは進化し続けています。

患者さん、医療機関とともに「いのち」と向きあう。 病気の早期発見、早期治療をさらに推し進め、世界の医療の進展に貢献していきます。

急拡大するヘルスケアへのニーズ

パンデミックの発生、さらには世界的な高齢化の加速によって、健康増進や病気の予防をはじめとしたヘルスケアへのニーズは急拡大しています。医療従事者への負担も高まるなか、キヤノンは医療機関や大学などさまざまなパートナーと連携しながら、明るい未来に向けた医療ソリューションの創出にグループ一丸となって力を注いでいます。

キヤノンメディカルを核に事業展開

キヤノンはいま、「画像診断」「医療IT」「体外診断」の3つの領域について事業の拡大に取り組んでいます。その中心的役割を担うのが、グループ会社キヤノンメディカルシステムズ(以下、キヤノンメディカル)です。健康と尊い命を守る医療に貢献したいとの想いを込めた「Made for Life」を経営スローガンに、つねに医療現場に寄り添う最適なソリューションを追求。患者さんにとっても、医療従事者にとっても、価値のある製品・サービスを提供し続けています。

ディープラーニングを活用して開発した技術によりノイズを低減。静音化も実現したMRI

精密検査から日常診療までカバーする超音波診断装置

診断にも治療にも活躍する「画像診断装置」

現代の高度な医療は画像診断なしに考えることはできません。CT(コンピューター断層撮影)、MRI(磁気共鳴画像)、超音波、X線などの画像診断装置において、キヤノンメディカルは数々の世界初の技術を開発し、疾病の早期発見の期待に応えてきました。
近年では、ノイズフィルターの設計段階においてディープラーニングを用いてCTやMRIの画質向上を実現。X線装置ではリアルタイムでの高画質動画表示を可能にし、手術現場での施術確認など治療の領域へも活躍の幅を広げています。

北海道大学病院で診療支援に使われる医療情報統合ビューア

より的確な医療のための「ヘルスケアIT」

デジタルトランスフォーメーションは医療現場においてもトレンドとなっています。キヤノンは診断画像から投薬履歴、日々の体温や血圧にいたるまで、患者さんの情報を収集・統合・解析・加工して提供する「ヘルスケアIT」を展開。さらに診断画像の読影支援ソリューションも提供するなど、適確な診断、治療方針の決定に貢献しています。

効率のよい血液成分の分析を可能にした検体検査システム

バイオテクノロジー分野にも注力

「体外診断」においては、いち早く新型コロナウイルスにも対応した感染症検査システムを実用化。また短時間で大量の検体を検査できる臨床化学自動分析装置も製品化しています。さらに、検査試薬などの検査装置周辺領域へ本格的に参入し、臨床検査分野でのトータルソリューションプロバイダーをめざしています。
これからの医療の進歩をけん引するバイオテクノロジーの分野にも積極的に取り組んでいます。大学や医療機関、ベンチャー企業と、遺伝子解析をはじめ先進的な研究開発を推進。京都大学iPS細胞研究財団とは、自家移植用iPS細胞(my iPS細胞)を実用化する研究プロジェクトを進めています。

迅速な核酸検出検査を実現した新型コロナウイルスRNA 検出試薬

戦略的大転換を担う4つの新規事業が実現する社会