メディカルが実現する社会
「小さな異変も見逃さない」
医療現場の情熱に超音波が応えます

超音波でしかとらえられないわずかな変化。きれいな画像がさらに発見を早めます

日本のがん診療のリーディングホスピタル、国立がん研究センター中央病院。最先端のがん医療の普及、医療従事者の育成、そして企業や大学とともに次世代の医療開発に向けた臨床研究・治験を行っています。
国立がん研究センター中央病院には、全国から病気の診断が難しい患者さんも多く訪れます。病院は患者さんの利益を最優先に、「最短の時間で最良の検査結果を得る」ことをめざし、一人ひとりに応じた診断法を選択します。非侵襲的で被ばくがない超音波診断システムは副作用を心配することなく患者さんに使用することができ、精密な診断から治療後のフォローアップまでカバーできる必要不可欠なモダリティ(装置)です。
検査で主に使われているのが、キヤノンメディカルシステムズ(以下、キヤノンメディカル)の超音波診断システムです。医師や技師は撮像する部位や臓器によって最適なプローブとパラメータを選択し、正しい診断につながる「美しい」画像の撮像をつねに追求しています。キヤノンメディカルは装置の開発にあたり、多くの医療機関との共同研究を通じ、画像評価・アドバイスを得て画質を向上。しばしばCTやMRIでは検出されにくく、早期発見や診断が難しいとされる初期のすい臓がんの検出にも力を発揮できるまでに画像は進化し、早期発見とがん治療の精度向上に貢献しています。