メディカルが実現する社会
さいたま市立病院は
より高度に、より親切に

さいたま市立病院の先端医療に貢献するMRI装置

130万人の市民に今後も安全で確実な医療を提供するために、2019年12月に新病院へと衣替えしたさいたま市立病院。より高度な診療を支える装置として、新たにキヤノンメディカルシステムズ(以下、キヤノンメディカル)の最新MRIを2台導入しました。 MRIは磁場と電磁波を使って体内の様子を画像にすることができ、放射線の被ばくがありません。
しかし、閉塞感ある空間で騒音を聞きながらの検査となるうえ、診断に必要なきれいな画像を得るためには長時間の撮影が必要でした。キヤノンメディカルのMRIは、開放的な検査空間と圧倒的な静音化を実現し、ディープラーニング技術によって画像のノイズを除去する世界初の技術を搭載。高精細な画像により診断もしやすく検査時間も短くなり、患者さんの負担を大きく減らします。
新病院のオープンとともに、さいたま市立病院がより高度に、患者さんにとってより親切になることに、キヤノンが貢献しています。

ディープラーニングを活用したノイズ除去技術を搭載

新装オープンしたさいたま市立病院