CANON TECHNOLOGY

閉じる

商業印刷商業印刷

商業印刷

あらゆるメディアへの対応を進めながら、今までにない高画質を実現。
多様化する商業印刷のニーズに、デジタル印刷にしかできない多様なアウトプットで応えています。

2019/5/16技術紹介

#商業印刷#イメージング技術#機械工学#電気工学#情報工学#物理学#化学

印刷業界で急増する多品種小ロット印刷へのニーズ

出版物やパンフレット、ダイレクトメール、カタログなど、商業印刷といわれる分野で急増しているのが、多品種小ロット印刷へのニーズです。たとえばダイレクトメールでは、多くのお客さまに同じメッセージを発信することが一般的でした。しかし最近ではデータを活用したデジタルマーケティングにより、一人ひとりの興味に合わせて印刷するメッセージをカスタマイズし、顧客満足度を高めています。
これまで商業印刷で使われてきたオフセット印刷は、同じ内容を大量に印刷するケースでは利点があるものの、版となる薄いアルミ板(以下、刷版)を必要とするため少部数の印刷ではコスト効率が悪く、個別印刷への対応も容易ではありません。
このような背景から注目を集めているのがデジタル印刷です。デジタル印刷は刷版を必要としないため、短納期での小ロット印刷や、1枚ずつ印刷内容を変えるバリアブル印刷で優位性を発揮します。キヤノンは、高い品質、生産性、安定性でデジタル印刷市場のニーズに応えていきます。

インク吐出の高度な制御で1200dpiの高解像度を達成

キヤノンでは、グループ会社のオセ(※)も含め、お客さまの目的に応じた最適なソリューションを提供するべく製品ラインアップを拡充してきました。その中で、高品位カタログやプレミアムダイレクトメールなど高画質が求められるグラフィックアーツ市場に向けて開発された最新の連帳プリンター(ロール紙に高速印刷するプリンター)が「Océ ProStream 1000」です。
このプリンターでは、インクを印字する前に「カラーグリップ」と呼ばれる最新のベースコート剤を塗布することで用紙表面を整え、インクのにじみを防ぎます。
これにより従来の技術では難しいとされていたオフセットコート紙(大量印刷向けの用紙)をはじめ、幅広い紙への印刷を可能にしました。また独自のポリマー顔料インク(加熱冷却により強固な膜を形成するポリマー成分を含んだインク)により摩擦力強度を高め、鮮明な色づくりを実現。吐出するインク量を適切にコントロールする技術を兼ね備え、オフセット印刷に匹敵する1200dpiの高解像度印刷にも対応しています。
さらに、用紙搬送ベルトを使わずに「エアーフローテーション」を用いてインクを乾燥させる「非接触乾燥技術」は、用紙への負荷を最小限に抑え、さまざまなメディアに高品位な印刷を実現します。これら独自に開発した「カラーグリップ」や「非接触乾燥技術」により、用紙へのストレスを低減し、紙の風合いや光沢を損なうことなく高品位な印刷を実現しました。

(※)
2010年にキヤノングループに加わったオセは、140年以上の歴史を誇り、業務用大判プリンターで高いシェアを獲得するオランダに本拠を置く企業。

キヤノンのプリンターが持つ多種多様なテクノロジー群

このほかにもキヤノンでは、書籍、マニュアル、帳票などを高速で印刷する連帳プリンターやカットシートプリンター、図面やポスター、看板などに対応する大判インクジェットプリンターなど、さまざまなニーズに対応する商業印刷用プリンターを展開しています。
また、高画質と高い耐久性、生産性を実現するだけでなく、幅広いメディアにも対応する独自開発の「UVジェル(色域や環境性能に優れたジェル状のUV硬化型インク)」インクや、凹凸まで表現できる隆起印刷(下記記事を参照)といったテクノロジーもキヤノンの強みです。今後もグループ内でのシナジーを深め、多様化するデジタル印刷のニーズに応え続けていきます。

3300年前の古代エジプト王が眠る墓の装飾をオセの隆起印刷技術により復元

古代エジプト王が眠る「王家の谷」で、最大規模を誇る第19王朝ファラオであるセティ1世の墓。1817年に発見されて以降、墓の劣化が進んでいました。古代エジプト文化を復元するため、2016年にオセの社会貢献活動の一環としてNPO団体が3Dで内部を撮影したデータを利用し、墓の壁、柱、石棺の表面のモールドを実物大で制作。最大で厚さ15mmのレリーフを、「UVジェル」インクを積層させるオセ独自の隆起印刷技術によって忠実に再現しました。

イメージイメージ

復元されたレリーフが施された壁や柱

イメージイメージ

隆起印刷技術によるレリーフの再現

コンテンツの改善に関するフィードバックをぜひお送りください

このコンテンツはお役に立ちましたか?

理由をお聞かせください

ご協力いただき、ありがとうございました。
今後もより良いコンテンツ制作をめざしてまいります。

トレンド記事

イメージ

2019年5月23日

技術紹介

人工衛星

キヤノン電子が参入した人工衛星ビジネスの可能性

イメージ

2019年5月23日

技術紹介

最先端CMOSセンサー

超高感度・超高精細センサーを実現

イメージ

2019年5月16日

活動紹介

ネットワークカメラ

映像解析によりさらに発展するネットワークカメラ

イメージ

2019年5月16日

技術紹介

商業印刷

多様化するニーズに応え、今までにない高画質を実現

カテゴリ

CANON TECHNOLOGY TOPに戻る