ネットワークカメラが実現する社会
安心・安全をめざす横浜を見守る
ネットワークカメラ

370万人が暮らし、国内外から毎年4,600万人の観光客が訪れる横浜市。
「ラグビーワールドカップ2019™日本大会」決勝戦開催都市としても世界から注目されるなかで安心・安全の模範都市となるようインフラ整備を進める横浜市が導入したのはキヤノンとアクシスの監視カメラシステムです。
夜間の高画質撮影や360度の全方位撮影を実現。大規模イベント時の事件・事故防止や災害発生時の迅速な状況把握などに威力を発揮することが期待されています。
24時間365日、昼も夜も市民や観光客を見守っているのは横浜市の期待に応えるキヤノンの技術です。

カメラや複合機で培った技術で、急成長するネットワークカメラ市場に進出

最先端の高性能ネットワークカメラの開発を進めるアクシス(スウェーデン)

赤外照明により暗闇でも撮影ができるキヤノンのネットワークカメラ

世界的なセキュリティ意識の高まりとともに、アナログ監視カメラに代わって、ネットワークカメラへの移行が進んでいます。キヤノンはカメラで培った技術をもとに、2013年に新規事業としてネットワークカメラ市場へと進出。複合機で培ったネットワーク制御、映像解析ソフトウエアとクラウドサービスの技術などを応用したソリューションサービスの展開を始めました。
さらに、急激に市場が拡大するなかで、ネットワークカメラ事業を基幹事業として育てるため、2015年にスウェーデンに本社を置くアクシスをグループに迎え入れました。1996年に世界で初めて監視用ネットワークカメラを開発したアクシスは、業界の先駆者として179の国・地域で約9万社のパートナーを持つ世界有数の企業。キヤノンとアクシスそれぞれの強みを生かしながら連携し、2017年には、用途に応じてキヤノンのEFレンズを交換でき、超広角や望遠撮影に対応する共同開発第一号製品「AXIS Q1659」を発売しました。
一方で、キヤノンはCMOSセンサー技術を用いて、星明かり程度の夜でも昼のようにカラーで鮮明に映し出す超高感度ネットワークカメラ「ME20F-SHN」も発売。夜間の施設監視や河川、国境、災害現場などでの活躍が期待されています。