キヤノン×文化財 映像体験プロジェクト

ヨルZEN

先進の映像テクノロジー、文化財が動き出す夜

夜の京都、大本山 建仁寺で開催します。
開催期間:2022年10月15日(土)~10月30日(日) ※24日(月)・25日(火)を除く
人数限定の夜間特別開催。

ダイジェスト映像制作:あの三谷 (studio tms)https://instagram.com/anomitani

先進の映像テクノロジー、文化財が動き出す夜
キヤノンがお届けする3つの映像体験

1.双龍図 × Augmented Reality

法堂の天井画『双龍図』がAR(拡張現実)で間近に迫り来る。仏法の守護者である双龍が〝在りのまま〟とは何かを問いかける。

コンテンツ制作:デジタルコンテンツの総合制作会社である株式会社グミが協力。
株式会社グミホームページ:https://gumi.co.jp/

2.枯山水「大雄苑」× Mixed Reality

枯山水庭園『大雄苑』をMR(複合現実)で眺める。同じであるはずの風景に、見ている人ごとに異なる景色が現れる。
≪16歳未満の方は体験できません≫

コンテンツ制作:CG-ARTS※1、演出家のタグチヒトシ氏※2(GRINDER-MAN)および株式会社ライノスタジオ※3が協力。

3.国宝「風神雷神図屏風」× Projection Mapping

国宝『風神雷神図屛風』に投影されるプロジェクションマッピング。五穀豊穣の祈りが自然を敬う日本の心と融合する。

お申し込み

混雑緩和・安全対策等のため、事前予約制(日時指定券)です。
チケット詳細・お申し込みは下記をご覧ください。

大本山 建仁寺とは

臨済宗建仁寺派の大本山。開山は栄西(ようさい)禅師。開基は源頼家。鎌倉時代の建仁2年(1202年)の開創で、寺名は当時の年号から名づけられた。山号は東山(とうざん)。諸堂は中国の百丈山を模して建立された。創建当時は天台・密教・禅の三宗兼学だったが、第十一世蘭渓道隆(らんけいどうりゅう)の時から純粋な臨済禅の道場となる。800年の時を経て、今も禅の道場として広く人々の心のよりどころとなっている。

開催概要

開催日 2022年10月15日(土)~10月30日(日)※24日(月)・25日(火)を除く
開催時間 17:45~20:00 ※最終入場19:20まで
開催場所 京都 大本山 建仁寺
アクセス:https://www.kenninji.jp/access/
料金 2,200円 (拝観料を含みます)
申込方法 混雑緩和・安全対策等のため、事前予約制(日時指定券)です。
お申し込み:https://www.e-tix.jp/yoruzen
問い合わせ フォーム:https://global.canon/ja/contact/yoruzen/yoruzen-form.html
電話:075-778-5471
※電話受付時間:平日10:00~17:00(イベント期間中は土日も受付致します。)
主催 キヤノン株式会社
特別協力 大本山 建仁寺
企画協力 特定非営利活動法人 京都文化協会
後援 京都府 京都市

注意事項

  • 本イベントは、キヤノンが行う文化庁「日本博」事業の「ヨルZEN(禅) -自然と共生する日本-」です。
  • 会場内は過密とならないよう、混雑時は見学をお待ちいただく場合がございます。
  • 境内での飲食は個人、団体に関わらず禁止です。
  • 16歳未満の方には本イベントの「枯山水 × MR」のコンテンツはご体験頂けません。
  • 未就学児(小学生未満)は無料です。
  • 「双龍図 × AR」コンテンツについては、スマートフォンを使用致します。コンテンツ視聴時にかかる通信費は利用者のご負担になりますので、予めご了承ください。
  • ご朱印は授与可能です。ご自身の朱印帳に手書きのご朱印をご希望の方は、入場時にお申し出ください。(1枚300円)
  • 一脚・三脚・脚立などの撮影補助具を用いての写真撮影はできません。
  • イベント期間中、メディア撮影を行っている場合があります。ご了承のほどお願いします。
  • 特別拝観時間中の駐車場、駐輪場はございません。必ず公共交通機関でお越しください。
  • 荒天の場合には展示を中止させていただく場合があります。中止の際は、チケットを購入された方にはチケットサイト(イーティックス)よりご案内メールを送付致します。
常時マスクをご着用ください。マスクを着用しない方は入場をお断りします。下記に該当する方は購入をお控え願います。
  • 新型コロナウイルス感染症のPCR検査にて陽性判定、あるいは医師に自宅待機指示を受けている方
  • 検査結果待ち、あるいは発熱や体調不良の諸症状がある方
  • ご自身の身近に感染の疑いがある方
  • 過去14日間以内に、陽性の方と濃厚接触がある方、感染が拡大している国・地域への訪問歴がある方

外部協力

anomitani
gumi
日本博
文化庁京都へ