開く

品質マネジメント

品質に関する考え方

品質の基本理念『ノークレーム・ノートラブル』

キヤノンは、1964年、ノークレーム・ノートラブルを品質の基本理念として掲げました。これは、キヤノンの企業理念「共生」のもと、今も変わることのない、キヤノンの品質に対する基本的な考え方です。
優れた品質の製品とサービスを提供することで、その製品とサービスが、世界中のお客さまに信頼され、心からご満足いただけることを目指しています。

  • 品質の基本理念
    「企業理念、および企業目的に基づき、ノークレーム・ノートラブルの実現を目指し、企業の発展と社会の繁栄に寄与する。」〔品質保証基本規程 第2条〕

「Canon Quality」

キヤノンは、品質の基本理念であるノークレーム・ノートラブルをキヤノングループ内に周知・徹底するため、Canon Qualityを品質メッセージとして発信しています。
壊れない、怪我をしない、不具合がないといった「安全(Safety)」な品質。また、使いやすい、デザインがよい、信頼できるとお客さまに感じていただける「安心(Smartness)」の品質。そして、良かった、素晴らしい、これからもずっと使い続けたいとお客さまに思っていただける「満足(Satisfaction)」な品質。
これらすべてはお客さまのために、キヤノンの製品とサービスが携えるべき品質と考え、グループ内すべての現場で、お客さまが安全に、そして安心、満足してお使いいただける製品とサービスの提供に最善を尽くしています。

Canon Qualityのロゴマーク

Canon Qualityのロゴマーク

 

  • 「Safety」「Smartness」「Satisfaction」の頭文字である3つの「S」を扇形に重ね、要の位置にCanon Qualityを配置しています。扇形のイメージは、求心力や影響力を表現しています。

品質保証体制

キヤノン独自の「品質マネジメントシステム」

キヤノンは、商品企画から開発設計、生産、販売、サービスにいたるまで、すべてのプロセスで品質確認を徹底するとともに、市場の品質情報やお客さまの要望を商品企画や開発設計にフィードバックして、継続的に品質を向上させる仕組みをグループ全体で展開しています。
また、Canon Qualityの実現に向けた体制の基盤として、国際的な品質管理規格である「ISO9001」の要求事項にキヤノン独自の仕組みを加えた品質マネジメントシステムを確立しています。
そして、各事業部門は、品質統括センターや世界中のグループ会社と連携しながら、品質マネジメントシステムをベースに、各国・地域の法規制にも対応した、それぞれの事業特性に最適な品質保証体制を構築し、徹底した品質管理を行っています。

品質問題発生時の体制と対応フロー

迅速で、適切な対応のために

キヤノンは、万が一、製品に関わる品質問題が発生してしまった場合でも、迅速、かつ適切に対応(原因究明、製品の無償修理、情報開示など)するための体制を整えています。たとえば、品質問題が発生した場合は、すぐさまお客さまの窓口である各国・地域の販売会社から本社にある各事業本部の品質保証部門に報告されます。
報告を受けた品質保証部門は、原因究明や対策検討を行うとともに、重要品質問題については、事業本部内の関連部門や品質統括センター、ならびに法務部門や広報部門などと適切な対応を協議し、会長/社長へ報告を行い、すみやかに対応を実施します。
また、お客さまに告知する必要がある際は、社告やWebサイトを通じて、各国・地域の販売会社から全世界同一時刻に、迅速な情報開示を行うことを基本としています。

品質問題発生時の対応フローの概念図

製品問題発生時の対応フローの概念図