医療機関等及び医療担当者に対する支払い
(2017年度分:2017年1月-2017年12月)

本公開情報のご利用にあたって

本ページでは、キヤノン株式会社(以下「当社」といいます。)の「医療機関等との関係の透明性に関する指針」に基づき、医療機関等との連携における資金提供等に関わる情報(以下「本公開情報」といいます。)を公開しております。これらの情報の閲覧にあたりましては、下記の注意事項をお読みいただき、これらに反することがないようご注意ください。

1.目的

本公開情報の公開は、当社と医療機関等との関係の透明性を高め、当社の企業活動が倫理的かつ適法に行われていることについて担保することを目的としております。

2.以下の行為はお断りします。

  • 本公開情報のダウンロード、複写、転写、外部送信、加工(二次利用)、電子掲示板等への掲載・転載等の行為
  • 医療機関、医療関係者等またはキヤノングループ各社(関係会社を含む。)の財産、名誉、プライバシーその他の権利を侵害し、または侵害するおそれのある行為
  • その他、法令もしくは条例に違反する行為、またはそのおそれのある行為

3.リンクについて

当社に無断で、本公開情報にリンクを張ることはお断りいたします。

A 研究費開発費等

公的規制のもとで実施される各種試験、報告、研究、調査及び当社が独自に行う調査、研究等の費用が含まれます。

共同研究費
¥13,946,430
委託研究費
¥3,132,037
臨床試験費
¥0
製造販売後臨床試験費
¥0
不具合・感染症症例報告費
¥0
製造販売後調査費
¥0
その他研究開発関連費用
¥0
全体合計
¥17,078,467

B 学術研究助成費

医療技術の学術振興や研究助成を目的として行われる奨学寄附金、一般寄附金、および学会等の会合開催を支援するための学会寄附金、学会共催費が含まれます。
(五十音順、敬称略)

一般寄附金:一般社団法人大阪府結核予防会 複十字シール募金運動協力金 1件
¥9,260
一般寄附金:一般社団法人TMG本部 ピンクリボン運動協賛 1件
¥18,519
学会共催費:第46回日本消化器がん検診学会 近畿地方会 大腸CTトレーニングコース共催費
¥100,000
学会共催費:第25回日本大腸検査学会九州支部会 ハンズオンセミナー共催費
¥100,000
学会共催費:第10回中部放射線医療技術学術大会 ランチョンセミナー共催費
¥324,000
学会共催費:第13回中四国放射線医療技術フォーラム ランチョンセミナー費用 1件
¥114,000
学会共催費:第67回日本病院学会 ランチョンセミナー共催費用
¥776,667
合計
¥1,442,446

C 原稿執筆料等

自社事業及び研究に関する情報等を提供するための講演や原稿執筆の依頼に対する費用等が含まれます。

年間総額
¥5,529,836
支払先(個人)が所属する団体等:(五十音順、敬称略)
 
JA岐阜厚生連 揖斐厚生病院
一般財団法人関西労働保健協会 2件
岡山画像診断センター
鹿児島大学
金沢大学大学院
京都大学大学院
杏林大学 2件
近畿大学医学部附属病院
公益財団法人 田附興風会医学研究所 北野病院 5件
社会医療法人 愛仁会
順天堂大学
筑波大学大学院
東京医科歯科大学
東京大学 4件
東京大学大学院
東北大学大学院
長崎大学
名古屋大学
日本大学
浜松医科大学
兵庫医科大学
広島大学病院
福井県済生会病院 2件
みなみ野ハートクリニック

D 情報提供関連費

自社事業及び研究に関する講演会、模擬技術指導、説明会等の費用が含まれます。

情報提供関連費
¥7,780,114

E その他費用(接遇等費用)

社会的儀礼としての接遇等の費用が含まれます。

接遇等費用
¥4,246,976