NEWS

特許庁のコピー商品撲滅キャンペーンに参加

日本の特許庁は、「コピー商品撲滅キャンペーン」の一環で、高等学校向けの知的財産権侵害防止教育の学習指導案の作成や、そのモデル授業を実施しています。キヤノンは、若い世代に模倣品に関する正しい知識を身につけてもらい、模倣品を買わないようにしてもらいたいという考えから、同キャンペーンに参加。モデル授業の中で、カメラ用バッテリーやプリンター用インクなどの模倣品と正規品を提供し、模倣品の危険性について説明しました。

特許庁のコピー商品撲滅キャンペーンのイメージ

そのほかのNEWS